新機能「ミッション」がLOLの今後に与える影響とは?

20170522

新しく搭載される機能「ミッション」について、メリットやデメリット、RiotGamesが望んでいるであることなどを予想してまとめてみました。

メリットとデメリット

この新機能「ミッション」によって生じるであろうメリットとデメリットを公式の見解を元に独自にまとめてみました。

メリット

チャンピオンの習熟

様々なチャンピオンの「ミッション」を搭載することにより、そのチャンピオンの特性などを理解したり、自分のチャンピオンプールを広げることにもなります。

また、IP(インフルエンスポイント)を使って購入する前にRP(ライアットポイント)を使ってチャンピオンを購入して「ミッション」に挑戦するプレイヤーも増えるであろうことから、RiotGamesの収益の多少の増加も見込めます。

スキンやアイコンなどの報酬

またこの「ミッション」を達成することにより、内容に沿ったスキンやアイコンを入手することができます。これによってプレイする楽しみが増え、さらにファンが増えることが予想されます。

デメリット

プレイスタイルの強制

各プレイヤーに「ミッション」が発生することによって、その内容に寄ったプレイをする必要があり、本来の役割を疎かにする可能性が出てきます。

これによって、チームでの連携が乱れて勝てる試合も勝てない、という場合も少なからず出てくるでしょう。

「ミッション」の内容にこだわらず、チームでの勝利を目標にして、「ミッション」自体はおまけとして考えるようにするといいでしょう。

将来性について

この「ミッション」の導入によってさらにプレイ人口が増えることが予想されますし、そうなって欲しいと願っています。開発も手探りの状態の機能ですので、是非プレイヤーのみなさんでフィードバックを送り、よりよいものとしていきましょう。

おすすめ記事

記事はありませんでした

関連記事

タグ一覧